賃貸不動産に必要不可欠|現金が必要になったとき|不動産売却で資金に替える
男の人

現金が必要になったとき|不動産売却で資金に替える

賃貸不動産に必要不可欠

男女

双方にメリットがあります

皆さんは、賃貸物件を借りる際に家賃債務保証サービスが人気を集めているのをご存知ですか。家賃債務保証サービスの仕組みは、賃貸物件を借りる際に必要な連帯保証人を親族などではなく家賃債務保証会社と契約する事で、連帯保証人になってもらえるサービスです。この仕組みは貸主と借主双方にとってメリットがあり、貸主側は借主の保証人を保証会社が引き受ける事で、家賃滞納や夜逃げなどによる家賃不払いのリスクを大幅に減らすことができます。借主側は連帯保証人を従来の親族などに頼むのではなく保証会社を利用する事で、面倒な連帯保証人依頼をしなくても済むなどの利点があります。この保証会社による家賃債務保証サービスは賃貸不動産業界にとって、なくてはならないサービスとなっています。

プラン内容は様々

家賃債務保証サービスを借主が利用するには、不動産屋さんで提携している保証会社を検討してみるといいと思います。今では、多くの不動産屋さんで保証会社と提携しておりますので、保証会社のプランなどを見て、2〜3社を検討してみましょう。保証会社によって契約金や更新料、更新年数など違ってきますので、一社だけでなく数社を検討する事をオススメします。家賃債務保証会社を利用するには審査がありますが、一定の収入と過去に家賃債務保証会社を利用して、滞納や未払いなどのトラブルがなければ通りやすいと思います。クレジットカードをお持ちの方は、家賃支払い方法をクレジットカード払いにすれば、さらに審査は通りやすくなる傾向があります。