連帯保証人よりも保証会社|現金が必要になったとき|不動産売却で資金に替える
男の人

現金が必要になったとき|不動産売却で資金に替える

連帯保証人よりも保証会社

相談

保証会社を利用する

一般的に賃貸借契約など信用力が必要な契約を行う場合には、保証人を設定することが求められます。保証人は、その契約者本人が何らかの理由で契約に定めた賃料の支払いができなくなった場合に代位弁済をする義務を負った人のことです。この連帯保証人は一般的には親族など身近な人物がなるものですが、親族が居なかったり、遠方に住んでいるといった場合には保証人を用意することが最大のハードルになります。また核家族化によって保証人が用意できなくなっており、それらを解消するために保証会社による家賃債務保証があります。家賃債務保証では契約者が保証会社に保証金を支払って保証人となってもらうもので、これにより家賃を滞納した場合には保証会社が代位弁済してくれます。ただし、あくまでも弁済するだけであって、滞納した家賃は債務として返済しなければなりません。

保証会社の選び方

家賃債務保証を行っている保証会社としては、専業で行っている家賃債務保証会社と、信販系家賃債務保証会社の2種類がありますが、いずれの場合も家賃の1年間の1ヶ月から2ヶ月程度を保証料とするものですが、必ずしもルールが決まっているわけではなく、それ以下のところもあれば6ヶ月以上や家賃と同等の金額を必要とするところもあります。また保証会社を利用する場合には貸し手側が指定するところと制限されているところもあります。基本的には保証料を支払っていても滞納した家賃は弁済しなければなりません。このため出来る限り保証料の安いところを選ぶのが無難です。また保証料は、継続的に契約し続ければ下がるところもあるので、それらも選ぶさいのポイントになります。