賢い賃貸経営|現金が必要になったとき|不動産売却で資金に替える
男の人

現金が必要になったとき|不動産売却で資金に替える

賢い賃貸経営

住宅

管理の委託は可能

賃貸経営のリスクは、借主が見つからず、家賃収入が得られないことです。但し、このリスクは、収益物件を複数所有することで軽減されます。ただ、収益物件を個々に複数所有することは大変なことです。従って、収益物件の複数所有が効率的なマンション経営が、賢い賃貸経営ということになります。しかし、マンション経営にも問題があります。それは、管理です。マンションには共有部分が多くあり、また、当然のことながら住民も多くいますので、それらに対応する業務が発生するのです。賃貸経営の魅力の1つに不労所得だということが挙げられますが、管理業務を行うとなれば、その魅力は損なわれてしまうことになります。また、マンション経営が専業でなければ、管理業務を行うことが難しくなります。しかし、この問題は解決可能です。マンション管理会社が存在していますので、その会社に管理業務を委託すれば良いのです。

大きいメリット

もちろん、マンション管理会社に委託をすれば、料金が発生してしまいますから、マンション経営で得られる利益は少なくなってしまいます。しかし、そのデメリットよりもメリットの方が、はるかに大きいと言えます。マンション管理会社に委託するメリットは、そのマンションの価値が高くなることです。共有スペースは常に綺麗ですし、共有する設備も不具合なく、常に機能しています。また、防災、防犯に関しても非常に有意義だと言えます。こういったことですので、住民は安心して暮らせることができます。よって、転居する可能性が低くなるのです。また、評判の良いマンションになっていますから、入居したいという人も多くなります。つまり、マンション管理会社に委託することは、空室をなくすことにも役立つことになるのです。